芥子菜の咲く頃 〜洋で和 和で洋〜 5




   デザートの後の一皿。

 
  


    

          ”香り”


  今が満開のシークワーサーの花。

  夜散歩をしていると、あちこちからシークワーサーの何とも言えない柑橘系の香りが

 漂ってきます。

  その香りを味わって頂きたくて。

  最後の締めの一皿です。




  色々な方の個性溢れる器を使わせて頂き、とても楽しく料理することができました。

  器、場所を提供してくださった”陶 よかりよ”の八谷さん、参加して頂いた皆さんありがとうござい

  ました。



  陶  よかりよ 

  http://www1.ocn.ne.jp/~yokariyo/















   
    


芥子菜の咲く頃 〜洋で和 和で洋〜 4



  今回のテーマは”和”。


  いろいろな国を周って、色々な物を食べれば食べるほど、いつも食べている和食の凄さを

感じます。

  お店でも少しづつ、和の調味料を隠し味に使ったりし始めています。

  今回は、そんな今の近況もあり、普段お店で出している洋をベースにした和の料理です。




    

         スベリヒユの軽いマリネ
    
   
   沖縄で昔から食べられているスベリヒユを、醤油とバルサミコとオリーブオイルで

 軽くあえて、お浸し感覚で頂きます。さっと湯がいたものと、生のまま和えたものと2種類一緒に

 盛りつけて。醤油とオリーブオイルは黄金のコンビです。


     器  小泊 良




    

     島豚の自家製スモーク(ベーコン) クワンソウのグリル添え

   
  のびのびと育てられた純朴豚(大里産)を1週間塩漬した後、スモークをかけて。

  グリルしたクワンソウと一緒に。

  玄米のおにぎりと、スベリヒユのマリネ、そしてこのスモーク豚を一緒に頂くと、とてもとても

  よく合います。


      器  金憲鎬 

  


    

         デザート3種

   最後の締めは、果物とデザート。完熟カニステルと食用ほおずき。そして抹茶の

 マカロン風。

   今回の料理の締めにふさわしい3種です。


    器  中野 和馬 (2皿)   内田 鋼一  (上から時計回り)




                         続く




























芥子菜の咲く頃 〜洋で和 和で洋〜 3




    


      地元野菜と島米味噌のバーニャカウダ

   
   アンチョビの代わりに島米で作られた味噌を使って。

 バーニャカウダが和に変身。たくさんの野菜を添えて。


    器  金憲鎬  小泊 良  石田 誠  金憲鎬




    


     なすのコンソメジュレ添え  山葵風味

  
    なすとコンソメって何でこんなに美味しいのでしょう。

    なすに塗った焦がし醤油とワサビが味を引き締めてくれます。


      器  金憲鎬  中野 和馬




    


           玄米のおにぎり


    この後の最後のメインと一緒に召し上がっていただきます。


    
      器   中田 篤
     


                       続く
























芥子菜の咲く頃 〜洋で和 和で洋〜 2





 今回は依頼されてのケータリングではなく、沖縄の野菜が美味しい

この季節に、何か残したいと思ってこちらから依頼してのケータリングです。


 そんな事情のため、ケータリングとしての料金は頂かなく、震災の方々への

義捐金として、気持分頂き全額寄付させて頂きました。





    


        


    


          洋風手まり寿司2種


    酢飯に白ワインビネガーと県産黒糖を使って、オリーブオイルを

   かけて召し上がって頂きます。


     器  金憲鎬    小泊 良  (上から)





    



       ビーツとリンゴのガスパチョ


   大好きなビーツをガスパチョ仕立てに。リンゴの甘さがビーツ

  を引き立ててくれます。


    器  蕎麦猪口 八谷コレクション




                     続く
















芥子菜の花の咲くころ 〜洋で和 和で洋〜 1






    



 いろいろなところで、やわらかい優しい表情を感じるこの季節。


 沖縄のたくさんの種類の野菜が出回るころでもあります。


 今回は、そんな沖縄の野菜を中心に使った料理と、”よかりよ”さんの大皿を

お借りしての料理です。(よかりよさんの店舗をお借りしてののケータリングです)

 




    


   人参のマリネ 沖縄の春のイメージで

 
 この時期美味しい沖縄の人参を、シンプルに優しい酸味とオリーブオイル

 で軽くマリネ。芥子菜の花とディルをあしらって。


   器 金憲鎬





    


     オマール味噌ペースト×味噌


  オマールの味噌ペーストと日本の味噌を合わせて野菜の出汁で伸ばしたソースを

  今が旬のホウレンソウに軽くからめて。味噌つながりで、日本の味噌がコクを出してくれます。


    器 中田 篤


                        続く
         

























出張料理





 お祝い事にお招きされての出張料理です。

 今回は何と平均年齢70歳。あれやこれやと食べやすい物を試行錯誤してのメニューです。






 桃と競り市直送鮮魚のサラダ仕立て

 グレープフルーツのさっぱりソースで頂きます。


 



 自家製パンスープ 紅芋のスープ

 年配の方が多いのでスープとパンにはバターを使わずに仕上げています。






 浅利と海ぶどうの冷製パスタ

 冷たいものはどうかなと思ったのですが、みんな完食です。








牛ヒレ肉の低温ロースト 

きのこのピュレとオクラの軽いスモーク添え 山葵醤油風味


ヒレ肉の中の一番柔らかい所を切り出して、ゆっくり火を入れて仕上げています。







 生レアチーズケーキ 

 パッションフルーツのソース 県産の果物添え

 ふわふわのレアチーズに甘酸っぱいパッションフルーツのソースが美味しさを引き立てます。







 一番年上の方は92歳。どれくらい食べてもらえるか心配だったのですが、ほとんど召し上がっていただきました。


 最後はみんなで(沖縄ならではの)カチャーシー。

 楽しいひと時を過ごすことができました。

 お招きいただいたF様ありがとうございました。


 出張料理承ります。料金、内容ご相談ください。
 



  
  

           

 
 

 


  




出張料理



 ホームパーティーにお招きされての出張料理です。
 
 今回は各方面で活躍される女性の先生方をおもてなしするパーティーとのことで、少し趣向を凝らして大人の女性をイメージしたメニューをご用意しました。



  Il prosciutto di PARUMA riserva 18 mesi
con l'olio di oliva proveniente dall'TOSCANA

    18か月熟成パルマ産プロシュート
     トスカーナ直送オリーブオイルで




  


 ”TEMARIZUSHI" in stile occidentale

      “てまり寿司”

 知念の競り市直送のお魚を使った洋風てまり寿司。酢飯に白ワインビネガーと県産の黒糖を使って(アクセントに刻んだオリーブを混ぜて)、オリーブオイルと塩(ハイビスカスで色付けした)で召し上がっていただきます。
 隠し味としてネタの裏にワサビ醤油を刷毛でそっと塗ってあります






 “ISHIMI‐BAI" alla'acqua pazza

イシミーバイを使ったアクアパッツア。







   Tagliattelle farte a mano al rag・
   di pollo alla Bolognese

趣向を凝らして、目の前での生パスタ作り。打ち立てのパスタを、粗挽きにした鶏肉のラグーソースで頂きます。





    Tagliata di mannzo
 salsa alla'Arancia rossa di Scilia e Balsamico

  牛肉のタリアータ ブラッドオレンジとバルサミコのソース

 薄切りにした牛肉をサラダと一緒にさっぱりソースで。







Terrina di cioccolate fondente
"SHIMABANANA" e gelato artigianale crema di caff・espresso

チョコレートのムースを自家製の抹茶ジェラートとキャラメリゼした島バナナと一緒に。苦味を利かせたエスプレッソのソースで。



 お店を離れての料理はいつもと違った緊張感と雰囲気とで楽しみの時です。
 今回も楽しい時間を過ごせました。

 お招きいただいたT様ありがとうございました。

 ご要望ありましたら出張料理承ります。ご相談くださいませ。


 *訳 UTAKO OSANAI


 




 



夏の宴





 先日、平良さん宅のホームパーティーにお招きされての出張料理(おでかけBE NATURAL)に出かけてきました。
 調理器具、食材を運んでの料理です。毎回違うキッチンでの調理なので少々緊張しますが(今回は電気だったのでいつも使っているフライパンが使えなかったのと火力の違いに少し戸惑いました)、いつものお店での調理と違って、お客さんと会話をしながら作れるので楽しいひと時です。
 今回はアナウンサー、代議士、インテリアコーディネーター、ソムリエなどお招きされているお客さんの顔ぶれも様々で、楽しい会話が出来ました。
 引っ越し祝いを兼ねてのお披露目パーティーとのことだったので、夏の夜をイメージしてのメニューです。


 
            〜 夏の宴 〜

          18ヶ月熟成パルマ産生ハム
      イタリア直送LAUDEMIOのオリーブオイルで

          へちまのカポナータ仕立て

          かぼちゃの冷たいポタージュ
            カプチ−ノ仕立て   
         
             グリーンサラダ
          オーガニック人参のドレッシング

        にんにくと唐辛子のトマトソースパスタ  

        あさりとからし菜ペーストの冷製パスタ

            サーロインのソテー

             フルーツティー

          クーベルチュ−ルのショコラ
           作り立てジェラート添え   
 

 
 各種お祝い事等、依頼があれば出張料理お受けいたします。料金、内容等御相談ください。
 

  





| 1/1PAGES |

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM